[Namazu-devel-ja 1615] Re: namazu-2.0.17のx86_64 (LANG=C) 環境でmake checkに失敗する

Tadamasa Teranishi yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
2007年 5月 13日 (日) 12:24:29 JST


寺西です。

Yukio USUDA wrote:
>   
> tests/data/en/ID3v2.mp3 を MP3-Info1.21 が解釈できないこと
> が原因のようです。
> MP3-INfo 1.21 は互換性のない変更がされ 1.22 でもとに戻され
> ています。
> MP3-Info 1.22 もしくは 1.20 では問題がないと思われます。
> 確認をお願いします。

MP3-Info 1.21 を排除するように mp3.pl を書くか、あるいは 1.22以降を
要求するように変更しましょうか。

# PPM の方も 1.22 にします。

> 問題のある namazu-8.pl で失敗している test-log の
> mknmz-8.pl の箇所を見ると
> 下記のようになっており更新に失敗しています。ファイルを見つけられ
> ないことが
> あるという現象が気になります。

どうも mknmz-8.pl の

open OUT, ">>$TMPDATA/1.html";
print OUT "amarok";
close(OUT);

という部分がバッファリングされて、インデックス作成時にはまだ書き換え
られていなくて、ファイルが更新されていないと誤認しているようです。

ファイル更新のタイミングなので、namazu-8.pl がパスしたりしなかったり
と、動作が不安定なのでしょう。

強制的にフラッシュする方法があれば、テストはパスするものと思います。
例えば、

open OUT, ">>$TMPDATA/1.html";
OUT->autoflush(1);
print OUT "amarok";
close(OUT);

とするとか、

open OUT, ">>$TMPDATA/1.html";
print OUT "amarok";
close(OUT);
open IN, "$TMPDATA/1.html";
close(IN);

とすれば大丈夫になるのではないかと思います。
-- 
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI)  yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint =  474E 4D93 8E97 11F6 662D  8A42 17F5 52F4 10E7 D14E




Namazu-devel-ja メーリングリストの案内